噛む事と健康について|長野インプラントの森

長野インプラントの森HOME記事一覧>噛む事と健康について

「長野インプラントの森」とは、カテゴリー別やフリーワードで、長野地区のインプラント情報を探せる、インプラント情報専門ホームページです。
皆様の健康的な生活に役立てばと思っております。
長野地区のインプラント情報について知りたい方はぜひご活用下さい。

噛む事と健康について

【噛む事と歯の関係】
よく噛むことは唾液の分泌を促します。唾液には抗菌作用があり、歯の汚れを洗浄したり歯垢や歯石を防ぐ作用があります。
また、酸を中和し虫歯や歯周病の予防をする事ができます。唾液から浸透してくるカルシウム・フッ素によって歯の修復が行われます。

【噛む回数】
噛む回数が多いと消化・吸収を促します。よく噛むことで血糖値が早く上がり、満腹中枢が刺激されるため食べ過ぎを防ぐことができます。 
交感神経を刺激し、細胞のエネルギー消費を上げ肥満防止になります。

【噛む刺激】
噛むことの刺激で筋肉やあごの骨の成長を促します。あごがしっかり発達する事で歯の生えるスペースを確保でき歯並びがよくなります。
脳の血流が増えると集中できます。噛む刺激は眠気を抑え、脳の働きが活発になります。認識力・思考力・集中力・判断力を高めます。
歯ごたえのあるものを噛み砕くと爽快感があり、ストレス解消になります。


【噛み合わせ】
噛み合わせが悪いと肩こりや腰痛の原因になることがあります。

このように噛むということと人間の体にはさまざまな影響があります。歯が抜けてしまった場合に放っておいてしまう方もいらっしゃいますが、両隣の歯が倒れてきたり、対面する歯が伸びてくるということも起こってくるので、入れ歯やブリッジ、またインプラントなどのなんらかの治療をするようにしましょう。

ホームページ無料登録

無料登録を受付中です。
無料登録お申し込みフォームはこちらをどうぞ
>>>無料登録について

長野インプラントの森とは

長野インプラントの森とは
長野地区のインプラント総合情報サイトです。
ぜひご活用下さい。

当サイトへの登録は、相互リンクを
必須とさせていただいております。

長野インプラントの森は日本インプラント研究会が運営しています。