長野インプラントの森|歯科医院情報・インプラント情報掲載サイト

インプラントの歴史


インプラントは1952年にスウェーデンのブローネマルク博士が金属のチタンと骨が結合するという性質を発見したことから生まれた治療方法です。インプラントはチタンでできています。このインプラントを顎の骨に埋め込んで結合するのを待ちます。チタンと骨が結合することをオッセオインテグレーションといいます。

インプラントの治療内容

インプラントは手術が必要ですが、手術前の検査がとても大切です。血管や神経のたくさん通った場所にインプラントを埋め込むため細かい位置などを確認する検査をします。

糖尿病などの疾患をお持ちの方は手術ができないこともありますので、担当の先生にお伝えください。

手術はまず顎の骨にインプラントを埋め込みます。その後、骨と結合するのを待つ期間があります。しっかりと結合したら歯のかぶせ物をします。歯のかぶせ物はセラミックなどの素材で作られます。

インプラントの費用

インプラントは保険適応ではない治療で、医院が金額を決める自費診療です。

インプラントをお考えで、費用面で躊躇されている方はデンタルローンが使えたり、分割払いのできる医院もありますので相談してみてはいかがでしょうか。


当サイト「長野インプラントの森」では長野県の歯科をたくさんご紹介しています。
歯科医院選びにお役にたてればと立ち上げたサイトですので、少しでもお役にたてるとうれしいです。

市区町村別検索

長野でインプラント治療をしている医院が検索できます。
皆様の健康な生活のためにお役立てください。

お好きなキーワードで検索するには、上部のキーワードサーチから、
市区町村別に検索する場合は下記のメニューからどうぞ。

ホームページ無料登録

無料登録を受付中です。
無料登録お申し込みフォームはこちらをどうぞ
>>>無料登録について


■インプラントとは

インプラントとは、歯を虫歯や歯周病などで失った場合に、チタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合させることによって天然の歯と同等の機能をもたせたものをいいます。

従来は歯を失った場合には、なくなった歯の両隣の歯を削ってブリッジとしたり、取り外し可能な義歯(入れ歯)を入れたりしていました。

インプラントでは両隣の歯を削ることが無いので、健康な歯へ負担をかけることはありませんし、義歯は顎の骨に固定されるため取り外す必要はなく、力を入れて噛むことができます。

インプラントの素晴らしさを一言でいうと、「噛める喜びを取り戻せる」ということです。

記事一覧

長野県の情報

長野インプラントの森とは

長野インプラントの森とは
長野地区のインプラント総合情報サイトです。
ぜひご活用下さい。

当サイトへの登録は、相互リンクを
必須とさせていただいております。

長野インプラントの森は日本インプラント研究会が運営しています。

運営者について 無料登録について